ウェブ版『ヘルスネットワーク』

【ACSM/EP-Cの皆様へ】ACSM自己診断テストの翻訳者登録を募集

2016年 08月 31日

JAFA機関誌『ヘルスネットワーク』では、ACSM's Certified Newsの記事を翻訳したACSM自己診断テストを、年に6回掲載しています。このたびEP-Cの皆様を対象に、翻訳者の募集を行います。下記の要項に沿ってご応募いただくと、翻訳者としてJAFAへ登録されます。登録後は、応募時の翻訳原稿の精度を鑑みて、JAFAから翻訳依頼させていただくことがありますので、その際はご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

■応募方法
下記のPDFファイル「ACSM's Certified News 2015-4」内のトピックの一つである「Is high-intensity-interval-training a"magic bullet" for the treatment of obesity?」の本文を翻訳し、kouhou @jafa-net.or.jp 宛てにwordファイルを添付して送信してください。

 ACSM's Certified News 2015-4.pdf

 

■応募資格
ACSM/EP-C保有者

 

■応募翻訳原稿の精度確認(査読)
宮下充正先生(JAFA顧問、東京大学名誉教授/同コーナーの監修者)

 

■応募締切
2016年10月17日(月)

・宛先:kouhou @jafa-net.or.jp
・提出方法:wordファイルを添付して送信
・メールの件名:翻訳者登録
・メールの本文への記入項目:ACSMのID番号、氏名、電話番号、その他の保有資格や肩書、翻訳や通訳に関するキャリアなど

 

<翻訳者として登録後、翻訳依頼の際の条件とフロー>

■翻訳の対象
「ACSM's Certified News」の中から、JAFAが指定した一つのトピックと、それに対する問題文と解答の選択肢。
※原文は下記サイトから閲覧可能
http://certification.acsm.org/certified-news

■掲載誌
JAFA機関誌『ヘルスネットワーク』
※ACSM自己診断テストは、隔月で年6回掲載しています


■翻訳料
20,000~30,000円(税込)/回
※原文の文字数や難度、翻訳の精度により前後する場合があります。

■その他
翻訳原稿は、監修者の宮下充正先生(JAFA顧問、東京大学名誉教授)が校正しますので、翻訳のスキルアップにお役立てください。

JAFAから翻訳を依頼する場合のフロー(黄色の箇所が翻訳者に関連するステップ)
1.監修者によるトピックの選定

2.JAFA事務局から、掲載が決定したトピックの翻訳依頼

   ↓ <約3週間>

3.翻訳原稿をJAFA事務局へ入稿→監修者のチェック

   ↓ <約1週間>

4.監修者よりJAFA事務局へ、原稿戻し

5.JAFA事務局にてゲラ作成

6  ↓ <約1週間>

7.翻訳者によるゲラ校正

 ↓ <2~3日>

8.翻訳者からJAFA事務局へゲラ戻し

JAFA会員専用ページ ログイン

GFI資格更新について

『ヘルスネットワーク』誌面テスト

いいまなぶ あなたが豊かで幸せになる学び

グラデュアルパートナーストレッチング on the Web

JAFA会員限定 活動報告

ページの先頭へ ページの先頭へ

©2014 Japan Fitness Association.