資格認定

資格認定

JAFAは、GFI(グループエクササイズフィットネスインストラクター)の資格認定と、ACSMの日本における認定プロバイダの役割を担っています。

JAFAは、1987年にACSM(アメリカスポーツ医学会)認定HFI(現EP-C)の資格認定テスト・教習ワークショップを開始しました。その後、1988年にGFIの前身であるADI(※旧制度のエアロビックダンスエクササイズインストラクター)の認定を開始し、日本におけるフィットネス指導者資格の草分けとして普及しました。また、2004年にはJAFA AQUA(アクアウォーキングとアクアビクス)の資格認定を開始しました。

2014年、ADIとJAFA AQUAを再構築し、新たにGFI(グループエクササイズフィットネスインストラクター)制度が施行されました。

1988年以降、ADIからGFIまでの資格合格者は、約1万5,000名に上ります(2016年1月現在)。現在、フィットネス指導の資格に国家資格はありませんので、内閣府認定の公益法人であるJAFA(公益社団法人日本フィットネス協会)が認定する資格を保有していると、指導者としての知識や技術の証明になるだけでなく、社会的な信用も得られるでしょう。

1983年に任意団体としてスタートしたJAFAは、フィットネス指導者の育成やフィットネスの普及・発展などにおいて、さまざまな実績があります。

JAFAの歩みはこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ

©2014 Japan Fitness Association.