ウェブ版『ヘルスネットワーク』

4月号「科学的事実に基づく 介護予防のための運動」確認問題の解答

2015年 03月 26日

JAFA機関誌『ヘルスネットワーク』に連載中の科学的事実に基づく介護予防のための運動」(筆者:西端泉)は、加速する超高齢社会において、介護を必要としないための運動方法を解説するコーナーです。

以下に、今月号(2015年4月号p14)の確認問題の、解答と解説を掲載します。

 

問題1
2015年現在の日本人口に占める高齢者の割合はどれか。

正解はc

10年後の2025年には30%に増加すると予測されている。反対に、子どもの割合は13.5%と、高齢者の約半数しかいない。

 

問題2
2015年現在、働いて得た金額のうち、どのぐらいの割合を税金、健康保険料、介護保険、年金掛金などの公的な費用として支払っているか。労働者全体の平均値として答えよ。

正解はd

実際の割合は収入によって異なり、収入が少ないと割合は低く、収入が多いほど割合は高くなる。米国では約35%である。ヨーロッパの多くの国では50%を越えているが、その代わり、医療費が無料であったり、大学の授業料が無料であったりする。

JAFA会員専用ページ ログイン

GFI資格更新について

『ヘルスネットワーク』誌面テスト

いいまなぶ あなたが豊かで幸せになる学び

グラデュアルパートナーストレッチング on the Web

JAFA会員限定 活動報告

ページの先頭へ ページの先頭へ

©2014 Japan Fitness Association.