セミナー・イベント

実地開催(会場受講)

お申込みの前に下記をご確認ください。

●個人情報の個人情報の取り扱いについて

●写真・動画・音声の記録について

●指定感染症の対応について

●受付確認メールが届かない方へ

グライディングディスクインストラクター養成セミナー(受講者には称号を付与)

開催日時

2021年7月23日(金・祝)・24日(土) (各日17:30~20:30)

会場/受講方法

亀戸文化センター

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-19-1 カメリアプラザ5階

受付

申し込みフォームボタン.png

受講料(税込)

一般:13,000円
JAFA会員 :11,000円

※コース料金のため、講座ごとのお申し込みはできません。
※受講料には、フロア用グライディングディスク1セット(2枚入り)&エクササイズを解説した小冊子付き(定価3,080円/現在は販売終了の非売品)の料金が含まれています。

取得可能単位

※2日間合計

JAFA/GFI:6.5
健康運動指導士・実践指導者:講義0.5 実習5.5
ACSM:0.5(講義のみ対象)

受講対象者(こんな方におすすめ)

・指導の幅をひろげたい方

・通常レッスンでのアクセントが欲しい方

・グループ指導・パーソナル指導どちらも活用可能 

内容(実技/理論)

※2日間合計

理論:30分
実技:330分

プログラム詳細

■講師

okage.png

尾陰由美子
・JAFA業務執行理事
・グライディングディスクマスタートレーナー
・GFIディレクター・エグザミナー
・NPO法人いきいきのびのび健康づくり協会会長

■セミナー概要
円盤状のフィットネスツール「グライディングディスク」を使用したエクササイズを学べるセミナー。受講者には「グライディングディスクインストラクター」の称号を付与。

グライディングディスクインストラクター養成セミナーでは、安全で効果的なグライディングディスクの使い方をはじめ、ストレッチングやレジスタンス、ヨーガ、ピラティス、中高齢者向け機能改善のクラスなど、さまざまなグループレッスンに応用できるヒントを学べます。

※「グライディングディスクインストラクター」は資格ではなく称号です。認定継続条件はありません。

 

■プログラム(4講座・計6時間)
・グライディングディスクの特徴と基本運動(講義)30分
・エクササイズの実践 ①(座位、立位 他)(実技)150分
・エクササイズの実践 ②(横臥位、仰臥位 他)(実技)90分
・グループレッスンの構築と指導シミュレーション(実技)90分

 

■グライディングディスク(GD)とは
2004年にアメリカ西海岸におけるフィットネスコンベンション「IDEA」で紹介されて以来、欧米で人気の円盤状のフィットネスツールです。手や足の下に敷き、360度どの方向へも滑らすことができ、その使い方は無限大。さまざまな効果を生むことが可能です。手ごろな価格と、持ち運びやすさも魅力です。

女性のための体幹ワークアウト2daysセミナー~機能解剖からみる女性のためエクササイズ~

開催日時

2021年7月23日(金・祝)・24日(土) (9:30~15:45 休憩60分あり)

会場/受講方法

亀戸文化センター

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-19-1 カメリアプラザ5階

受付

申し込みフォームボタン.png

受講料(税込)

■2日間(割引適用)
一般:20,000
JAFA会員 :13,000

■1日のみ
一般:12,000
JAFA会員 :8,000

※JAFA会員への入会方法はこちら>>>

取得可能単位

※1日あたり

JAFA/GFI:5.0
健康運動指導士・実践指導者:講義1.0 実習4.0
ACSM:1.0(講義のみ対象)

受講対象者(こんな方におすすめ)

・指導に直結する知識やスキルを身につけたい方

内容(実技/理論)

※1日あたり

理論:60分
実習:240分

プログラム詳細

 

2021年7月23日(金・祝)(9:30~15:45 休憩60分あり)

■テーマ
機能解剖からみる骨盤ワークアウト

■講師

okahashi.png

岡橋優子
・JAFA/GFIディレクター・エグザミナー
・NPO法人スマイルボディネットワーク代表理事
・早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師

<講義>60分
体幹の土台ともなる骨盤について学びます。昨今、骨盤にフォーカスしたクラスが急増しています。指導中の方も未指導の方も、運動指導者として必見です。

<実習>120分×2講座
・セルフコンディショニング編
・グループ指導編

指導者が直接指導できるのはほんのわずかな時間です。それ以外の時間にいかに取り組んでもらうかで効果は大きく変わります。日々のセルフコンディショニングの重要性と必要性を説き、効果を求め、実践を促します。また、グループ指導の際の留意点やコツ、クラスの進めかたについてもお伝えします。腰痛、生理痛、冷え、むくみ、股関節の不具合、脚や膝のゆがみ、骨盤底筋の不具合。女性に多いお悩み解決の第一歩、ボールやひめトレ®など様々なツールを使って年代によってもかわるワークアウトを徹底解説します。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

2021年7月24日(土)(9:30~15:45 休憩60分あり)

■テーマ
機能解剖からみる肩甲骨・背骨のワークアウト

講師

okage.png

尾陰由美子
・JAFA業務執行理事
・GFIディレクター・エグザミナー
・NPO法人いきいきのびのび健康づくり協会会長

<講義>60分
骨の位置・関節の構造と機能を理解し、関節の特性に合った動きのイメージやリズムを理解しましょう。現在の知識・認識とのすり合わせや新たな知識としてお役立てください。

<実習>120分×2講座
・自重編
・ツール編

基本的なエクササイズから応用的なエクササイズまでを体感しながらその指導方法を学びます。施設でのグループ指導はもちろん、クライアントが時間を有効に使い、より良い効果を引き出すために指導者がいない中でも手軽にできるセルフエクササイズの実践例とその指導方法についても学びます。自重編では腕と手の使い方や頭と目の関係性を理解し、日常の動作で身体の間違った使い方による問題を考察します。継続的なセルフケアの意識づけや重要性の伝達に役立ちます。ツール編では身近にある物の活用方法もご紹介します。肩や首の凝り、四十肩五十肩。急増しているスマホ首への対策。腰痛や猫背。加齢とともに起こりやすい様々な症状の予防改善のためのワークアウトを徹底解説します。

ページの先頭へ ページの先頭へ

©2014 Japan Fitness Association.