セミナー・イベント

実地開催(会場受講)

お申込みの前に下記をご確認ください。

●個人情報の個人情報の取り扱いについて

●写真・動画・音声の記録について

●指定感染症の対応について

●講習会開催におけるガイドライン

●受付確認メールが届かない方へ

GFIスキルアップセミナーはこちら

女性特有の健康課題を学ぶ 講義と運動実践2DAYS

開催日時

【東京】8月20日(土)21日(日) ※終了
【兵庫】11月19日(土)20日(日)

1日目:12:40~16:50
2日目:9:30~16:50

会場/受講方法

【東京】
亀戸文化文化センター
東京都江東区亀戸2丁目19−1 カメリアプラザ 5F

【兵庫】
ベイコム総合体育館
(兵庫県尼崎市西長洲町1丁目4−1)

受付

申し込みフォームボタン.png

受講料(税込)

【2日間】
JAFA会員 :14,000
一般:22,000

 

※JAFA会員への入会方法はこちら>>>

 

【受講料お振込み口座】
三井住友銀行 神田支店 普通 901982
口座名:公益社団法人日本フィットネス協会 実践口

取得可能単位

JAFA/GFI:10.0

健康運動指導士・実践指導者:講義4.0 実習6.0

ACSM:4.0(講義のみ対象)

受講対象者(こんな方におすすめ)

・女性参加者の多いレッスンをお持ちの方

・ご自身の健康管理にも役立てたい方

内容(実技/理論)

講義:4時間
実習:6時間

プログラム詳細

■テーマ
女性のライフステージに合わせたフィットネス

■講師
小林香織(NPO法人フィット・フォー・マザー・ジャパン 理事長)
小山美紀(NPO法人フィット・フォー・マザー・ジャパン ウィメンズエクササイズトレーナー)

■プログラム
1日目

12:40~14:40
【講義】受胎前~妊娠・出産期の健康課題
不妊治療大国と言われる日本、性成熟期にある女性の体や意識はどうなっているのでしょうか。まずは、男性とは異なる体の変化、月経のメカニズムやこの時期の女性の健康課題を知ることが必要です。さらに妊娠による心身の変化や妊娠期に起こりうる問題など、妊娠・出産について基本的な知識を知ることで、若い女性への健康支援として何ができるか、考えてみましょう。

14:50~16:50
【講義】産後~更年期の健康課題
妊娠・出産の後には育児が、そしてその後には誰もが通る更年期が続きます。出産によるダメージや育児動作による体のストレス、更年期の心身の変化や更年期症状など、女性の生涯を通した健康を考える時、知っておくべき知識です。産後と更年期を理解し、必要な健康支援について考えます。

 

2日目

9:30~11:00
【実習】妊娠期の体の変化と出産に向けて必要なエクササイズ
妊娠中の不定愁訴やお産に向けて、どんなボディケアが必要か、運動をする場合の注意やポイントなど講義を交えて実践します。

11:10~12:10
【実習マタニティヨガ サンプルレッスン
妊娠期の運動プログラムの中から、サンプルとしてヨガを使ったレッスンを紹介します。

13:10~14:40
【実習産後のボディケアフィットネス
産後の疲労改善や体をより良い状態に戻してくために運動は必須です。この時期の運動における注意事項を交え、必要なトレーニングやストレッチを学びます。また、この時期のボディケアが次のステージへの準備にもなります。

14:50~16:50
【実習老年期へつながる更年期のエイジングケアフィットネス
更年期症状には運動での改善が期待される症状もあります。ここではセルフケアへ導く更年期から始めたいストレッチやトレーニングを学び、老年期に起こりうる健康課題の予防にもつながる運動習慣化の重要性を確認します。

 

パンフレットをダウンロードできます。

 チラシ(2022東京・兵庫).pdf

ACSM CECセミナー2022(会場・オンライン併催)

開催日時

2022年10月16日(日)30日(日)

会場/受講方法

中央区立産業会館
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-22-4

※ビデオ・Web会議アプリケーション「Zoom」を活用したオンライン配信も同時開催。

後日オンデマンドによる配信(有料)を予定しておりまが、オンデマンドでの受講の場合、JAFA以外の団体の教育単位付与はありません。

受付

申し込みフォームボタン.png

 

【定員】
会場50名
オンライン100名

受講料(税込)

※1日当たり

●JAFA会員
会場受講:11,800円
オンライン受講:10,800円

●一般
会場受講:16,800円
オンライン受講:16,000円

取得可能単位

※1日当たり

●JAFA/GFI
 6.5

●健康運動指導士&健康運動実践指導者
 講義6.0(※会場受講のみ)

●ACSM/EP
 6.0

●NSCA
 0.6(カテゴリーA)

●JATI
 3.0

後日オンデマンドによる配信(有料)を予定しておりまが、オンデマンドでの受講の場合、JAFA以外の団体の教育単位付与はありません。

受講対象者(こんな方におすすめ)

健康医科学を学術的に学びたい方 

プログラム詳細

10月16日(日)

9:20~11:30(10分休憩あり)
高強度インターバルトレーニングの生理的効果(前半・後半)
家光素行(立命館大学スポーツ健康科学部教授)

12:30~13:30 運動トレーニングによる神経および骨格筋の適応
13:40~14:40 骨格筋電気刺激トレーニングの生理学的意義と応用事例
渡邊航平(中京大学 スポーツ科学部教授)

14:50~17:00(10分休憩あり)
ソーシャルジェットラグと健康の科学(前半・後半)
柴田真志(兵庫県立大学看護学部教授)

 

10月30日(日)

9:20~11:30(10分休憩あり)
知っておきたい呼吸循環系による酸素運搬の仕組み(前半・後半)
定本朋子(日本女子体育大学体育学部特任教授/JAFA参与)

12:30~13:30 (10分休憩あり)
生活リズムやタイミングを考慮した運動と食事(前半・後半)
田中茂穂(女子栄養大学栄養学部教授/JAFA理事)

14:50~15:50
睡眠、うつ、そして幸せの生理学~睡眠~
16:00~17:00
睡眠、うつ、そして幸せの生理学~うつとウェルビーイング(幸福)~
佐藤真治(帝京大学医療技術学部教授/JAFA理事)

 

  JAFA_ACSM-CECセミナー2022 チラシ.pdf

 

※ このセミナーはACSM認定プロバイダの基準を満たしていることが証明されています(認定番号651470)。

ACSM approved provider201710.png

女性のための体幹ワークアウト2daysセミナー~機能解剖からみる女性のためエクササイズ~

開催日時

【福岡会場】2022年9月11日(日)終了/18日(日)→振替開催 2023年1月22日(日)10:00~15:45

【広島会場】2022年12月4日(日)18日(日) 10:00~16:00

※会場別に組み合わせての受講も可能です。

会場/受講方法

福岡会場:アクシオン福岡 (福岡市博多区東平尾公園2-1-4

広島会場・広島県健康福祉センター (広島県広島市南区皆実町1-6-29

受付

申し込みフォームボタン.png

受講料(税込)

■2日間(割引適用)
一般:22,000
JAFA会員 :14,000

■1日のみ
一般:14,000
JAFA会員 :9,000

※JAFA会員への入会方法はこちら>>>

 

【受講料お振込み口座】
三井住友銀行 神田支店 普通 901982
口座名:公益社団法人日本フィットネス協会 実践口

取得可能単位

※1日あたり

JAFA/GFI:5.0
健康運動指導士・実践指導者:講義1.0 実習4.0
ACSM:1.0(講義のみ対象)

受講対象者(こんな方におすすめ)

・指導に直結する知識やスキルを身につけたい方

内容(実技/理論)

※1日あたり

理論:60分
実習:240分

プログラム詳細

 

 

 

 

■テーマ

機能解剖からみる骨盤ワークアウト

福岡会場
2022年 9 月11日( 日)13:30~18:30 ※終了

広島会場
2022年12月 4 日( 日)10:00~16:00

 

■講師

岡橋優子.JPG

岡橋優子
・JAFA業務執行理事
・GFIディレクター・エグザミナー
・NPO法人スマイルボディネットワーク代表理事
・早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師   

<講義>60分
体幹の土台ともなる骨盤について学びます。昨今、骨盤にフォーカスしたクラスが急増しています。指導中の方も未指導の方も、運動指導者として必見です。

<実習>120分×2講座
・セルフコンディショニング編
・グループ指導編

指導者が直接指導できるのはほんのわずかな時間です。それ以外の時間にいかに取り組んでもらうかで効果は大きく変わります。日々のセルフコンディショニングの重要性と必要性を説き、効果を求め、実践を促します。また、グループ指導の際の留意点やコツ、クラスの進めかたについてもお伝えします。腰痛、生理痛、冷え、むくみ、股関節の不具合、脚や膝のゆがみ、骨盤底筋の不具合。女性に多いお悩み解決の第一歩、ボールやひめトレ®など様々なツールを使って年代によってもかわるワークアウトを徹底解説します。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

■テーマ
機能解剖からみる肩甲骨・背骨のワークアウト

福岡会場
2022年 9 月18日( 日)→振替開催 2023年1月22日(日)10:00~15:45

広島会場
2022年12月18日( 日)10:00~16:00

講師

尾陰由美子.jpg

尾陰由美子
・JAFA顧問
・GFIディレクター・エグザミナー

・NPO法人いきいきのびのび健康づくり協会会長

<講義>60分
骨の位置・関節の構造と機能を理解し、関節の特性に合った動きのイメージやリズムを理解しましょう。現在の知識・認識とのすり合わせや新たな知識としてお役立てください。

<実習>120分×2講座
・自重編
・ツール編

基本的なエクササイズから応用的なエクササイズまでを体感しながらその指導方法を学びます。施設でのグループ指導はもちろん、クライアントが時間を有効に使い、より良い効果を引き出すために指導者がいない中でも手軽にできるセルフエクササイズの実践例とその指導方法についても学びます。自重編では腕と手の使い方や頭と目の関係性を理解し、日常の動作で身体の間違った使い方による問題を考察します。継続的なセルフケアの意識づけや重要性の伝達に役立ちます。ツール編では身近にある物の活用方法もご紹介します。肩や首の凝り、四十肩五十肩。急増しているスマホ首への対策。腰痛や猫背。加齢とともに起こりやすい様々な症状の予防改善のためのワークアウトを徹底解説します。

 

※パンフレットをダウンロードできます。

 体幹ワークアウト2DAYSセミナー2022(福岡・広島).pdf

ページの先頭へ ページの先頭へ

©2014 Japan Fitness Association.