お知らせ

【重要】講習会開催におけるガイドライン

2020年 08月 13日

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、当協会が主催・共催する講習会に関しては、下記のガイドラインに則って実施します。感染拡大防止のため、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

<受講者について>

① 以下の事項に該当する場合は、自主的に参加を見合わせること

 ア 体調がよくない場合(例:発熱・咳・咽頭痛などの症状がある場合

 イ 同居家族や身近な知人、職場において感染が疑われる方がいる場合

 ウ 講習会の開催日に対して、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航または当該在住者との濃厚接触がある場合

② マスクを持参し、原則として常時着用する。

③ 受付もしくは入口付近に手指消毒アルコールを設置するので、入室時には必ず手指消毒を実施する。

④ 他の参加者、主催者スタッフ等との距離を確保する(2mを目安に最低1mを確保)。

⑤ 講習中はもちろん、休憩時間においても大きな声での会話はしない。

⑥ 講習後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、主催者に対してすみやかにその旨を連絡し、講習中に濃厚接触者がいた場合は、その対象者を知らせること。

⑦ JAFA講習会へ受講申込する場合は、上記事項の遵守を約束したこととする。

 

<主催者について>

① 受講者数は、施設の新型コロナウイルス感染予防ガイドラインに従って設定する。

② 受付(もしくは会場入口付近)に手指消毒剤を用意し、参加者が自主的に使用するように呼び掛ける。

③ 体温測定を行って(非接触型体温計)、発熱がある場合、または軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある場合は受講を断る。

④ 講師と受講者は2mを目安に距離をとり、受講者同士も1mの距離をとる。

⑤ 主催者スタッフは常時マスクを着用する。

⑥ 受付および講習中は、受講者同士、または主催スタッフと接触(密接)しない。

⑦ 講習会場やトイレのドアは、こまめに消毒する。

⑧ 可能であれば窓を開けて換気する。窓が開かない等の場合は、空調設備によって換気を強化する。

➈ 使用済みのティッシュ等は指定のごみ袋へ捨てさせ、ごみ袋は施設の指定する方法で処理する。(素手は触らない)

ページの先頭へ ページの先頭へ

©2014 Japan Fitness Association.